しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

胃ろう造設術同意書にサイン 


お昼にスイカのスムージーを持っていく、

とろみ剤でとろみをつけ時間をかけ100㏄食べる、

介護士さんがお芋も少し食べさせてくれていた、

げっぷをしながら、「ああ~お腹いっぱい」と、


薩摩芋とスイカはスイカの方が好きという、


病院食は未摂取、


食後しばらくして急に、

大きく怯えた声で、

「世界がひっくり返る~」
「壊れるよ~」
「昭和になってね先生が言うのよね」
「世界が壊れるってね…」

えっ…それって大予言ですか?

久しぶりに大きな声を聞いたが、

予言とは…

昭和は過ぎて今は平成、当たらないと思うけど、


昼過ぎ、、主治医と話しをする、

もう、胃ろうを決断しなければならない状況だ、

覚悟はしていたので一通り説明を受け、

同意書にサイン…

認知症の胃ろうはリスクが多すぎて、

なかなか決められなかった、

しずさんの場合、

ただ延命だけの胃ろうではなく

生きる意味を探さなくてはならない、

まだ私のことがわかる、兄姉妹のことも覚えている、

トンチンカンだが会話もできる、

きっと、なにか楽しめること

あるだろう、

簡単なことではないけれど…




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 入院

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2018/06/22 Fri. 22:58 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿

Secret

page top△

トラックバック

トラックバックURL
→http://sizusann.com/tb.php/847-0ac302b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ