しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

食事介助 


今日は機嫌がいい、

機嫌がいいときは、食事がまずいと小声で文句をいう、

昼食も「甘すぎる」と言って、

主菜に汁物を全部入れ、混ぜ混ぜしている、

それでも「甘いね」と、副菜を投入…

納得がいかないのか、お粥さんまで入れ始め、

いったい、何がしたいのか?

1_20171205204546a7d.jpg

濃い緑色は副菜、茶色は汁物、

2.jpg

そして、残っているお粥さんを入れ、かき回しながらため息をつく、

私は内心、ちょっとイラついてます、

こんなにしちゃってぇ~、もう~…

介助はギリギリまでしないつもりだが、

手を出したくてたまらない、

子供が食べ飽きて食べ物で遊んでいる、

そう、それと同じなのだ、

じれったくて、

どんな味がするんだろうと思いながら最後、介助で全部食べた、

時々「おまえも食べなさい」と、言ってくるので、

さっきたくさん食べてきたからと断る、

さすがに食べたくないし、味見をする勇気もない、

しずさんの食事状況をみていると、

いろんなことに気がつく、

最近、左の手を使わず膝掛けで隠すようにして、出そうとしても拒否するようになっていること、

調子の良し悪しも、少しわかるようになった、



昔、まだ痴保症と言われていた頃、興味があって熊本の痴保専門病院で一か月ほど研修を受けたことがある、

そこで、痴保症を研究していた医師が毎朝、食事介助にみえて、

当時、医師が患者さんの食事介助をすることが珍しく思い、質問したことがある、

食事介助が一番、患者さんの状態がよくわかるという答えが返ってきた、

昼と夜は忙しく時間がないため、朝だけ早起きをして介助にくるのだ、

あの言葉が今でも忘れられない、

しずさんの食事も、その日の状態がわかりそうな気がして、

できる限り続けていければと思う、



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 施設

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/12/05 Tue. 21:51 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿

Secret

page top△

トラックバック

トラックバックURL
→http://sizusann.com/tb.php/643-0033dda2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ