しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

モヤモヤと怒り… 


「自宅でみてるわけじゃないよね」
「介護費用は厚生年金でなんとかなるんじゃないの」

これが、介護放棄した三女さんの言い分、

認知症と診断されるまで、
しずさんは、この人に将来を託そうとしていた、
私など眼中になかった、
それほど信頼し、頼っていたはず、

長年、ATMとして便利に扱い
生前分与と、しずさんを騙し、
介護費用を詐取、
介護してくれるものと信じていた老婆を奈落の底に突き落とし、
オレオレ詐欺並みの悪さをやってのけた、
せめてもの情けで、
自主返納を期待しているが、
反省など、、、期待するのが間違い、

しずさんに、
旦那と嫁ぎ先の不満を吐き出し、
随分、ストレス解消できたはず、
面倒なことは旦那にさせ、
自分は上から目線で昼寝三昧、
見守りをしてくれたことは感謝するが、
最後まで責任もってくれたならと思う、
無責任な態度は今も続いている…

まんまと騙され、私が気づいたときは、
「ここは、おまえの家だからね」
「三女にはやらんからね」
しずさんは、見せたこともない弱みを、私に吐いた!

正直、大した資産にもならない家、土地など買い手がいるわけがない、税金で損ばかり…私のメリットはゼロ、

でも、断ることができなかった、
しずさんの姿を見て涙がでた、

自宅介護できない理由を理解できない、
施設介護の費用がどれだけ必要か、

介護しないものは、何とでもいう、

遠距離介護がどんなにきつかったか、
したこともない人は、わかるはずもない

私のこどもが独立し、近距離介護になると、
子どもちゃんの代わりだねと、
嫌みたらしく言ってのけた、

遠距離も今も、どれだけ家族に負担をかけてきたか、
我慢させているか、
子どもが喘息の発作で倒れても、
駆けつけることもできなかった、
一人暮らし、どんなに不安だったろう…
今も「たまには来て」と、言われるが、
もう半年も行くことができない、

泣き言は言いたくないが、
余計なことは聞きたくない、
協力できないなら黙っていてほしい、

三姉妹で仲良く介護なんて、
夢のまた夢…

現実はこんなものです、

ごめんね…の、一言でもあれば、気持ちも軽くなるのに…

引きずりたくないと思っても、どこかでモヤモヤと怒り…

こんな、ねちっこい自分にも腹が立つ、

これから面会…

しずさんに気持ちを悟られたくないので、

書きためていたもの、、吐き出します。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング





カテゴリ: 姉妹

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/11/14 Tue. 11:44 [edit]   tb: 0   cm: 2  

page top△

コメント

最新の研究で

アルツハイマー病の原因は、ヒューマンパピローマウイルスの感染とアスベスト±重金属の汚染の合併と分かりました。治療は意外と簡単です。平均適量は、タウリン180㎎x3/日とビタミンD400単位x3/日です。発症から3年以内だと、劇的に軽快します。それ以降は効果は薄いですが、全く効果ないという事ではありません。タウリンはリポビタンDなどにも入っていて安全です。
ビタミンDは脳細胞の再生や新生もつかさどります。ご参考まで。
http://blog.goo.ne.j/nobuokohama

DRNO #- | URL | 2017/11/14 21:24 * edit *

お久しぶりです。
しばらくコメントできない間、色々と大変でしたね。

お母さんの転帰先については、主さんが感じた印象(主にスタッフについて)を大事にして選べば良いのではないかと思います。
設備といったハード面も大事ですが、最終的には関わる人が一番大事だと思うので、転帰先を選ぶ参考にしていただければ幸いです。

ご家族さんの間でも、色々なことがあったようですね。
何があったかは知りませんし、ここで根拠なく人を批判するようなことも適切ではないように思います。
なので、主さんの心が少しでも軽くなればと思いながらコメントさせていただこうと思います。
私自身納得できないことですが、「人は変えられない」ということをよく聞くかと思います。さらに、そんな嫌なことを思い出しても、主さんは不快な気持ちを思い出すだけです。
ではどうすればいいかというと、認知行動療法に近くなりますが、「考え方を変える」ということが有効なのではないかと思います。
詳しい方法は割愛しますが、要は、言われたことなどの「事実」と、主さんが感じた「解釈(思考)」に大別し、変えることのできる「解釈(思考)」にアプローチしていこうというものです。
「事実」はそのままですが、「解釈(思考)」を変えることで、自分で自分の感じるストレスを大きくしないで済むことが多々あります。
まとめると、「○○と言われた」→「こうに違いない!」とイライラするのではなく、「○○と言われた」→「ふーん、そういう考えもあるんだ」などと、良い意味での気にしない練習をしてみてはいかがでしょうか?

長くなってしまいましたが、主さんという存在はお母さんにとっても大切なものだということを忘れずに、自分のことも大事にしてくださいね!

一発丸 #./iHWbew | URL | 2017/11/14 20:16 * edit *

page top△

コメントの投稿

Secret

page top△

トラックバック

トラックバックURL
→http://sizusann.com/tb.php/617-8e054374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

プロフィール

最新記事

カテゴリ

介護・福祉ランキング

おすすめ