しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

見張り番 


今日の電話は、16時前…遅くなった。

しずさんに代ると、

「はい、代りました~~~もしもし~~~」元気な声、

「元気が多くて、仕事をしないといかんけどね」
「足が弱いから、思うごといかんね~」
「85歳だからね~~~」

しずさんは、81歳…

最近、新しい入居者があったようで、その人が気になって仕方がない。

電話で話ながら、

「ほら、また出て行くが…」
「出たらいかんよ~」

玄関に向かって、大きく叫んでいる、

最初は何のことかわからなかった。

「お嬢がきてねぇ~、言うことをきかんでね大変よ~」

新しい入居者さんのことを『お嬢』と呼んでいるらしい、

その人が、目を離すとすぐ外に出ようとして、

「油断がならんのよねぇ~」と嘆いている。

「しずバア~が見張ってるのよね」
「しずバア~は厳しいよォ~」

しずさんは自分のことを『しずバア~』と言い、張り切っている様子、

『お嬢』を見張るのが自分の役目だと言わんばかりに話す。

先日まで、外に飛び出し逃げようとしたこと、すっかり忘れて、

今は見張り番をしているなんて…どうなっているの?

私と話していても、落ち着かないようで上の空、

「お~い、また出るよ~~~」

、、、気になって仕方がない、

今日は、忙しいようなので「また電話するね」と、電話を切る。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 電話

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/06/22 Thu. 21:00 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿

Secret

page top△

トラックバック

トラックバックURL
→http://sizusann.com/tb.php/463-4ff513d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

プロフィール

最新記事

カテゴリ

介護・福祉ランキング

おすすめ