しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

ほめちぎる 


昨日のしずさん、訪問時は穏やかな笑顔で迎えてくれた。

雨がやまず、外出はできない、

しずさんの部屋でお茶を飲み、会話をしながらゆっくりする、

白髪を気にするので、

「そのほうが品のいい奥様みたいで染めないほうがいいよ」
「黒い髪より、今のほうが優しそうで好きだよ」

いうと、ニッコリ照れ笑い、褒めると喜ぶ、

実際、真っ黒に染められた少ない髪は頭皮が目立ち、品がないと思っていたので、私が言っていることは噓ではない。

他に、できたことがあると褒めて、自分でも褒めすぎ…と思うくらい褒めまくり、持ち上げる、

一番喜ぶのは、「美人だね~」…これを言うと、満面の笑み、

職員さんが昔の写真を見て「美人だ、きれいだ」と、褒めてくださるので、満更でもない様子。

しずさんとの会話は、なんでも褒めることにしている、

少しでも自信を持ってもらい、認知症の進行が遅くなればと、期待…

そして、笑かすこと…笑いで認知症を吹っ飛ばしたい、

目立った効果はわからないが、会話がちょっとだけ成り立っていることを考えると、

効いていると思いたい。

少なくとも、認知症の進行は緩やかでしょうか?

気のせいかな?


認知症ブログ村へ
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

カテゴリ: 面会

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/06/08 Thu. 22:07 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿

Secret

page top△

トラックバック

トラックバックURL
→http://sizusann.com/tb.php/448-a3aa3bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

プロフィール

カテゴリ

スポンサー

介護ブログ

介護・福祉ランキング