しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

『ごんぎつね』を読む 


13時過ぎ、Gホームに電話する。

「今日の調子はどうですか」聞くと、

職員さんが「今は、静かに本を読んでいらっしゃいますよ~」と答える。

すぐに、しずさんに代ってもらって、
「どんな具合?」聞いてみた。

「よかよ~」
「今ね、本をね、読んでね」
「雨だからね、外に出られんからね~」

ゆっくり、少し呂律が回らない感じで話すが聞き取れる範囲、

「なんの本を読んでいるの?」聞くと、

「ご~んぎづね~ぇ~(ごんぎつね)」
「ホームにあってね、見せてもらってるのよね」

『ごんぎつね』は先日、私がブックオフに行ったついでに、しずさんに何冊か購入して持っていったうちの一冊、

私が持ち込んだことは、すっかり忘れている…持ち込んだ時点で、頭に入ってなかったと思う。

しばらくはベッドの脇に放って置かれていたが、やっと読んでくれた、

強制はしたくないので、いつか見てくれるかな?

そんな感じで見守っていた。

でも、本の感想を聞いても「………?」で、読んではいるが、理解の程はわからない、

食事のことを聞くと、
「おいしくてね~、ごちそうばかりで…」
「こげん、よかもんを食べてもいいのやろか~」
「そばやら、寿司やら、おいしいよ~」

「朝に風呂に入って」
「洗濯もしてくれて」
「髪も切ってくれて」
「みんな、よか風にしてくれるよ~」

しずさんが褒めちぎるときは、危険信号かもしれない?

この前の精神的な興奮から丁度7日目、安心してると、真逆の状況になってしまうことがあるので不安のほうが強い。

今日の様子は、落ち着いて穏やかなのでホッとした。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 電話

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/04/10 Mon. 21:43 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿

Secret

page top△

トラックバック

トラックバックURL
→http://sizusann.com/tb.php/399-1f2d7715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

プロフィール

介護・認知症

スポンサードリンク