しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

施設に預けて思うこと 

1月8日金曜日

具合の悪いしずさんが気になったので、
施設に電話する。
昨晩の夕食、今朝の朝食は食べることができた
しずさんは、診察中で電話にでることができない
また後で電話しよう

昼過ぎに施設に電話
タイミングが悪く、しずさんはトイレ中
話はできなかった。
看護師さんが、丁寧に状態を説明して下さる
昨夜、下剤を服用
それが効いたようで、今トイレでがんばっている。
昼食は少し残した

しずさんは、昨日より気分がいいと言っているそうで
安心する。

でも、少しでもいいから話したかったな

しずさんが自宅にいたときは、日に3~5回は電話していた
何か様子がおかしいと、夜中でも関係ない
高速道路をとばして行って、丸2日くらいは寝不足
そのまま、運転して帰る

私の血圧がさがらず降圧剤をのみながら、
手首式血圧計を巻きつけて運転したことも
…今思うと、怖い

さすがに、私の家族も「いい加減にしろ、死ぬよ」と、とても怒られた。

それでも
今、親孝行の真似をしておかないと、絶対に後悔すると思ったから

不思議と力がわいた。

あの頃の凄まじい状況を考えると、今は楽をさせてもらっている。
しずさんは、自宅での生活を続けたいと頑張っていたので
施設に預ける時は、ケアマネジャーさんと何回も話し合い

本当に悩んだ~そして、しずさんの説得にも時間がかかった

結果的には良かったと、今は後悔していない

ただ、電話で簡単に話ができないのがさみしい!
時々、無性にしずさんの声を聞きたくなる。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 電話

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/01/08 Fri. 18:40 [edit]   tb: --   cm: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿

Secret

page top△

プロフィール

介護ブログ

介護・福祉ランキング

スポンサードリンク