しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

怖いおばさんは今… 


実家のお墓は、共同墓地になっていて、
平屋のアパートのようになっている、
一戸ずつ、納骨する場所に、
大きな平べったい黒大理石の扉がついていて、
亡くなると、その扉に、金色の楷書体で名前が刻まれる。
古い名前は、金箔が剥がれて目立たなくなり、
立ち止まらないとわからない。

先日、墓参りしたとき、キラリと光っている
新しい名前が目に入った。

もと住んでいた家の斜め上の住人で、
しずさんが苦手にしていた、おばさんだった。
話し方がきつくて、片手に鎌をもったまま話すので、
「怖いが~」と、よく言っていた。

あの気の強いしずさんが怖がったので、
よっぽど、怖い人なんだろう…

30年くらい前、500mくらい離れた場所に新しく家を建てたが、
引っ越した家の橫が、そのおばさんの田んぼがあって、
しずさんの恐怖は終わらなかった。
そのおばさんのご主人は、借りてきた猫みたいに
おとなしい人なのに…

父が元気だった頃は、父に助けられて、
なんとか気にせず生活していたようだが、

父が亡くなった後、弱気になっていたこともあって、
よけい、怖さが増したのだと思う。
認知症になってからも、
しばらくは、おばさんの話が話題になっていた。

しずさんには亡くなったこと、話していないが、
正気だった頃のしずさんだったら、
どんな反応をしたのだろうか?

長女と三女さんは、そのおばさんの子供が同級生で、
知っているかもしれないが、私は話したこともなくて…
どんな人なんて、しずさんの話でしか聞いていないわけで、
わからないのですが、

私は…
どんな人でも、仏様になったら、
皆さん同じと思っているので、
「母がお世話になりました…」と、
しずさんの代りに手を合わせてきた。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 色々

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/01/31 Tue. 20:30 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿

Secret

page top△

トラックバック

トラックバックURL
→http://sizusann.com/tb.php/341-c2068677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ