しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

久しぶりのSOS 

12月18日日曜日

昼過ぎ、Gホームから連絡
「今日は不穏が激しいので、話しをしてもらっていいですか」
職員さんが困った様子で、早口で言ってきた。

連絡してきたのは、
たぶん、しずさんが一番頼りにしていて、
いつも、話をよく聞いてくださる方だと思う。

その人が、困っているのだから…
相当、手こずっているのでは?

電話を代わると、うっぷんを晴らすように
話し出す、声も話し方もはっきりしていて
きつい口調で、職員さんの悪口を言い出した。

電話をしてきた方ではなく、
違う人のことを非難している。
「人が頼んだことを、してくれない」
「頼んでも、無視して笑っている」
「してもらいたいことがあっても、口も聞いてくれない」
「男の人たちがいないと、横着をする」
「何が嫌かというと、無視するのが一番腹が立つ」
「笑われるのが、我慢できん」
かなり興奮している。

私も時々、一部の職員さんに?と思うときがあるので
まんざら…?ではないような気がする。

忙しいから、手が回らないのだろうと、
諦めていることがいくつかあるが、
不満はどこに行ってもあるもの、しょうがない!

でも、不穏だけでかたづけられると、解決しないのでは?
認知症やうつの患者さんは何かのきっかけで、
急に怒り出すことがある。

しずさんは、寂しがり屋で自分が中心にいないと、
機嫌が悪くなる時がある。

なにか原因があるかもしれない、
今日は日曜日なので、
他の入居者の面会が多くて、寂しかったり、ひがんだり
しずさんはそういう所がある人なので、
ひょとすると、寂しいのかもしれない。

それが原因ならば、日曜日に面会しない私が悪いわけで、
近くに住んでいればすぐに飛んでいけるが、
今から行っても、着くのは夕方になる…

しずさんがおもいっきり不満をぶちまけた後に、
「どうしたいの?」尋ねてみた。

「家に帰りたい、走って帰りたい」
「ここはもういやじゃ」
「家が一番いい」と言った。

「家って、どこの?」聞くと

しずさん宅ではなく
しずさんの実家の名前を言って、
自分の家は実家だと信じ込んでいた。

話しているうちに、
だいぶ気持ちが落ち着いてきたようなので、
「今日はこれから行っても夜になるから」
「今度ね!今度、行くから待っててね」
「免許証を返した証明書カードが来たから持っていくね」
と言うと、機嫌がよくなり「うん、楽しみにしとくが」と答えた。

「夕べは眠れたの?」聞くと、

「考え事が多くてね、あんまり寝てないかも」と言ったので、

「今日はゆっくり休んで、疲れをとらんとね!」と話すと

「そうじゃね、寝ようかね」と落ち着いた声で言った。

何もすることがないと、普通の人でも不安になることがある。
不安で押しつぶされそうになるのは、みんな一緒かもしれない。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: ホームからの電話

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/12/18 Sun. 22:32 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿

Secret

page top△

トラックバック

トラックバックURL
→http://sizusann.com/tb.php/298-4b17a6bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

プロフィール

最新記事

カテゴリ

介護・福祉ランキング

おすすめ