しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

風がビュービュー、寒い! 

12月16日金曜日

寒気がする!と、思って熱を計ってみたら
36.6℃…?

んんん~、違った~
気温が下がっていた。
昨日まで暖房もいらないくらいぬくかったのに、
南国にも寒波が来てしまった。

家はストーブがない、コタツもない…
ボーッとしている私にストーブの管理はできないと
家族が許可をくれない、
コタツやホットカーペットは、座り込んだら動きたくなくなるので、
あえて、置かないようにして、冬は暖房と電気膝掛けで済ます。

雪も滅多に降らず、この街に来て20年以上になるが
2度しか、降った記憶がない。

しずさんのところは、たぶん3~5度くらいは低いはず
用心して、ちょっと厚着して出かけた。

しずさんの町に到着して、車から降りると、お~寒い!
着込んでいたはずなのに、震えるくらい。

しずさん宅は、風がビュービュー、雪が降っても
おかしくない冷たさ…寒っ

お墓の下にある、サザンカが風にまき散らされて
渦を巻いていた。

用事を済ませて、Gホームに向かうが
この寒さでは、しずさんの外出は無理かな、

しずさんは自室で「寒いね~」と、布団にくるまって休んでいた。
薄着だったので、「そんな薄着じゃ寒いはずだよ~」と言うと
「着替えたくてもね~、チャックがひっかかって脱げんのよ~」

チョッキのチャックが首の所でおかしな具合に動かなくなっていた。
チャックを外して、着替えるように促すが、
口をぽっかり開けて、私をじっと見ている。

…着替えさせて…って訴えるような目、
そんな目で見られると、知らんぷりできません、
母ではなく、患者さんにみえてしまうのは、職業病かな?

着替えるときも、されるがままになって、
ボタンも最初、自分で掛けたが
二つも掛け違えて、私がかけ直して初めて気がついた。

暖かい服に着替えさせると
「温もったよ~」と、ゆっくりベッドから降りる。
寒かったら、自分で暖かい服に着替えればいいのに
と思うが、できないのかな~

今日はホームでゆっくりしました。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング




カテゴリ: 面会

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/12/16 Fri. 21:56 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿

Secret

page top△

トラックバック

トラックバックURL
→http://sizusann.com/tb.php/296-8b317851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

プロフィール

最新記事

カテゴリ

スポンサー