しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

クリスマスの試練 

12月25日 金曜日

クリスマスの昼食、おいしそう
クリスマスの昼食 01 クリスマスの昼食

しずさん「おまえも持って帰れ」

かぶせてあったラップに分けて持たせようとする。
私「今日は弁当を持ってきたから~いらんよ」…嘘(眠くなるから食べられない)
三回ほど同じやりとりをして、ようやく食べ始める。

今日の面会の目的は、クリスマス会出席
時間まで、しずさん宅で洗濯と片付け…のはずが!!

トイレの手洗い用の水道から、タラタラ水が流れて止まらない。
たぶん、パッキンの劣化?
下手にいじって、タラタラ → ジャー になると怖い。
元栓を必死に探すが見つからない。

クリスマス会は14時から、間に合わない~どうしよう
修理屋さん…どこの? これから頼んでも時間がない。

思い切って、水道局に電話…電話しながら元栓(止水栓)をさがす。
「あった!(^▽^)」…一時的な喜び
蓋を開けると、中にうごめくものが
『おおげじ』という、気色の悪い生物が2匹…でかい。
おそるおそる、火ばさみで外に出す。

力いっぱい栓を閉めるが、ピクリともしない。
結局、水道局の方が来てくださり閉めてもらう。

施設に到着したら、ドヤドヤと家族の方々が出てこられて
…クリスマス会(´・ω・`)終わった。

しずさんに平謝りして、言い訳もしておいた。
……が
なにか、機嫌が悪く目つきも鋭い。
私に怒っている?
違うようで、昨晩に何かあったらしい、よく話を聞くと職員さんとのトラブル
「帰る、帰る」と外に出ようとして、制止された事を怒っている。
指をさし、名指しで職員を非難する。

7月頃から、しずさんは時々、夕方から夜間にかけて不穏な状態になる。
悪いときには、せん妄状態になるときもあった。
最近は落ち着いていたのに、何かが心の中にあるのだろう…でも、わからない。
とりあえず、ケアマネージャーさんに相談…最近、仲のよかった3人が退所時期を迎えて帰ってしまい、さみしくなったのではと言われた。

しずさん
「家で草むしりして、散歩とか、温泉とかも自由に行きたい」
「毎日おなじ事をさせられて、あれはダメ、これはダメで自由がない」
「ここは、刑務所と一緒じゃ」「厳しすぎる」
「自分の家に帰るのに、なんでいちいち許可がいるんか」
…etc.

熱があって、肺炎があって~帰れません…は、今のしずさんには通用しない。

とりあえず30日に外出許可を取り、熱がなければ帰ろうと約束。
ケアマネージャーさんにも対応をお願いした。

今日は私も早く帰りたい。
私の家の11年間頑張ってくれた洗濯機が、昨日(クリスマスイブ)動かなくなり
今日の夕方、18時に電気屋さんが来てくれる。…(;゜ロ゜)間に合うのか?

高速をすっ飛ばし、途中ケアマネージャーさんから連絡があり
電話をするため、サービスエリアに立ち寄り
自宅に着いたのは17時58分…フー、間に合った。

一日中、時間とのたたかいのような気がした。

こんなクリスマスもあるもんだ…トホホ
これは神様が試練を与えてくれているのだと思うようにしよう。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 面会

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2015/12/25 Fri. 23:33 [edit]   tb: --   cm: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿

Secret

page top△

プロフィール

介護ブログ

介護・福祉ランキング

スポンサードリンク