しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

思い出を語る…回想! 


病室には患者さん以外、誰もいないのに、

しずさんの両手が…自由になっている?

抑制がはずされ静かに休んでいた、

縛り忘れたのかな?


私に気づき覚醒…

そして、しゃべりだして、

「書いた物がなくなってね」
「どっかに落としたかね~」
「話し合いのことを全部書いたからね」
「大事なのよね~」
「鉛筆もないのよね~」

腰のあたりを探りながら、

何度も何度も同じことを繰り返す、

こんな時はひたすら傾聴、、のつもりが、

一時間もつづいた~、あ~限界に…

書き物

メモの代りにとペンと紙を持たせるが違うらしい、

しかし、、よいことも、

しずさんの住んでいた地域のことを思い出して、

ご近所さんのことや名前、元会長さんのこと、

そして、今度の寄り合いで何の話しがあるのか、

元会長さんに頼まれ、

書いていたメモの束と鉛筆を落としたのだと、

長~く、話してくれた、

認知症は回想法が病気の進行を遅らせるらしいので、

これまでも時々、昔の話しなどしてきたが、

病状が悪くなり、もうできないのかなと諦めていた、

それが、、自ら回想している…妄想も少々、

こんなこともあるもんですね~



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング

カテゴリ: 入院

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2018/04/23 Mon. 23:58 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ