しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

通帳がない! 


職員さんに向かって、
「通帳がどっかいってね、ないのよ」…
「盗られてね、探してもないよ」
「どうすればいいかね」

最近、通帳がなくなったと言うことが多いらしい。

しずさんが見たいとき、すぐ出せるよう、いつも通帳を持参しているので、バックから出して見せた、
「あ~~~あったね!」
「あれば、いいのよ」

三枚の通帳を開いて、詳細を説明するが、見ていない、、、

というか、上の空…心ここにあらず、

しずさんが興味を示したのは、通帳が入ったよれよれの小物入れと、介護関係者の名刺だ、

DSC_0344.jpg

通帳をしまって、しばらくすると私に向かって、

「通帳がねぇ~、なくなった…とられたかねぇ~」???

また、バックから通帳をだして見せるが、同じことを3回繰り返す。

私が預かっていると言えば安心するが、すぐに忘れてしまう、

2年前、一か月以上通帳を持っていかれたこと、それを思いだし不安になるのか?

何度も「次女が預かっているよ」、職員さんと交互に言うが、わからない…

Gホームを出ようと、車をバックさせたとき、職員さんが手招きしているのが見えた、

いってみると、「すみませんが、一筆書いてもらうと助かります。」言われたので、

A4用紙にマジックで、
『つうちょうは、次女があずかっています』と、書いて、しずさんの赤いバックにいれる。

認知症による物取られ妄想と思うが、

実際に盗られたという事実があって、あの時の不安はいまだ、消えていないのか…




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 面会

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/06/25 Sun. 17:05 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

和んでいます。 


昨日のしずさんは、元気…

Gホームの玄関が見えるソファーに腰掛け、
私が玄関に入ると、右手をまっすぐに挙げて「オーイ」と、

声をかけてくれた。

一昨日の電話で「明日遊びに行くよ~」と伝えたこと、覚えてくれてたのかな?

嬉しそうな表情を見ると、安心する。

「ごはんは食べたね?」何度も聞かれて、
食べていないのに「食べたよ、、、」と答える、

こんな時は、母親らしさを見せてくれる、今更ながら

嬉しい……

お返しに、
「お昼ごはんは、おいしかったね?」
「なんのご馳走だった?」、聞いてみると、

「たべたよ~、食べ過ぎた~」と答えるが、昼食のメニューが思い出せない、

隣の人に助けを求めるが、その人もわからず、

別のソファーに腰掛けている品のいいおばあ様が、「三色ご飯よ」とニコニコしながら、おしえてくれた。

しずさんは、「あの人は親類…」「この人は従姉妹」と、いつの間にか親戚が増えて、

職員さんが、「ここはみんな、家族みたいなもんよねぇ~」と…

しずさんの部屋より、ホールのほうが楽しいようで…

私も、一緒に和ませてもらった。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 面会

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/06/24 Sat. 22:56 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

雨の合間をぬって… 


しばらくは雨が続くようです。

私の街も、しずさんの町も降水確率90%、

午前中はまだ曇りか小雨らしい、雨が激しくならないうちに、しずさんに会いに行くことにした。

途中、新しく直売所を発見、

駐車場も広い、トイレも完備、前からあるらしかったが、なんで今まで気がつかなかったのだろう、

そこで、お墓にお供えするお花を購入する。

ずっと小雨だったが、しずさんの町に着く頃は運良く、雨があがった、

しずさん宅は相変わらず雑草が伸び放題、この前、草刈をしたばっかりなのに、

きりがない…

しずさん宅の周りの田んぼも休耕田が増えて、荒れ放題になっている。

国内の高齢化率も27%を超えました、この辺も高齢者ばっかりで、若い人はあまり見かけない、

ちなみに、このあたりの高齢化率は約40%らしい…

田んぼも荒れるはずですね…さみしいです。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 色々

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/06/23 Fri. 21:48 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

見張り番 


今日の電話は、16時前…遅くなった。

しずさんに代ると、

「はい、代りました~~~もしもし~~~」元気な声、

「元気が多くて、仕事をしないといかんけどね」
「足が弱いから、思うごといかんね~」
「85歳だからね~~~」

しずさんは、81歳…

最近、新しい入居者があったようで、その人が気になって仕方がない。

電話で話ながら、

「ほら、また出て行くが…」
「出たらいかんよ~」

玄関に向かって、大きく叫んでいる、

最初は何のことかわからなかった。

「お嬢がきてねぇ~、言うことをきかんでね大変よ~」

新しい入居者さんのことを『お嬢』と呼んでいるらしい、

その人が、目を離すとすぐ外に出ようとして、

「油断がならんのよねぇ~」と嘆いている。

「しずバア~が見張ってるのよね」
「しずバア~は厳しいよォ~」

しずさんは自分のことを『しずバア~』と言い、張り切っている様子、

『お嬢』を見張るのが自分の役目だと言わんばかりに話す。

先日まで、外に飛び出し逃げようとしたこと、すっかり忘れて、

今は見張り番をしているなんて…どうなっているの?

私と話していても、落ち着かないようで上の空、

「お~い、また出るよ~~~」

、、、気になって仕方がない、

今日は、忙しいようなので「また電話するね」と、電話を切る。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 電話

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/06/22 Thu. 21:00 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ