しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   tb: --   cm: --   

page top△

田舎は…認知症専門医は選べない! 


昨年、
しずさんが『ぼけ』ていると言われはじめて、
どうすればいいのか、まったくわからなかった。

当然、近くに住んでいる三女さんが検査に
行ってくれるものだろうと信じて、当てにもしていた。

しずさんを説得する必要もあったが
待てど暮らせど動く気配はない。

『ぼけ』ていると聞いてから半年くらい経ち、
しびれを切らした私は、イライラ…
結局、しずさんを説得し、私が検査に行くことに、

はてさて、どこに行けば?
私の街には、認知症専門医が選べるくらい多い。
でも、遠距離通院には無理があるし、
私の運転能力と体力にも不安がある。

しずさんの町(市)をネットで検索してみると
ヒットしたのは1件だけ…その頃、物忘れ外来はなかった。
最近、検索すると物忘れ外来がある…遅いよ~
精神科もあったが、電話をすると認知症は扱ってないとの答え、

結局、ネットでしずさんの家から片道30分かかる
隣の県の街に認知症で評価の高い
クリニックを見つけた。

予約の電話をしてみると…💢
私がうるさく言ったからか、
先回りして、三女さんが予約をしていた。
このクリニックを知っていたなら、教えてくれたらいいのに
「一言ぐらい、言えよ!」と思ったが、我慢…
三女さんにはやんわりと「私が行くからいいよ」
と、伝える。

そこでは画像診断、問診、認知機能テスト…etc.
脳の萎縮とHDS-Rが20点で、軽度の認知症と言われた。

内服の話もあったが、しずさんは一人暮らし、
薬の管理も曖昧で、「ちゃんと飲めます」とは、言えない

管理ができないのであれば、
薬は出さないというドクターの方針があるらしく、薬なし。

再診は症状の悪化が見られたときにと言われて、終わった。

結局、診断が下ったのみで、後はどうするの?って状況

クリニックが開設している重度認知症デイ・ケアもあるが
軽度のしずさんには「ちょっと可哀想かもね」と言われ、
これ以上のフォローはしにくいです…みたいな感じ

その後は、精神不安定やせん妄・幻覚が激しくなり、入院も考え、
車で片道30分の大きな総合病院の精神科を受診、
うつ病の治療を優先し、これといった認知症の治療はしていない。

若年性認知症であれば、方針が違ったのかな~と、思ったり、
80歳を過ぎているからと、諦めたり、
通院ができていたら~なんて、かなり悩んだ
今は、近くの内科にかかっている。

しずさんは、中核症状は進んでいるように思われるが、
Gホームで認知症専門の介護を受けて、BPSDが前より
穏やかになっているように感じている。

でも、これでいいのかな~…まだ、迷い中


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 認知症

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/23 Wed. 21:21 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

妄想&勘違い?…車椅子の巻 


しずさんは、自分の車椅子が
部屋にあるのに、気がついていない。
気がついても、すぐに忘れる。

面会のたび
「車椅子がない、なくなった」と
思い出したように、私に聞いてくる。

車椅子は畳んで部屋の隅に置いてある。

「ここにあるよ…」と言うと

「3台もあったのに、なんでない」
「あとの2台はどにあっとね?」聞いてくる。

いつ、どこで、車椅子が3台に増えたのか?
私にも、わかりません???

「歩けるようになったからね」
「家(私の)に持ってかえったよ~」
と、適当~に答えているが…信じてくれない。

被害者になっているのが
しずさんの妹さん
「貸したのに、かえさんがね~」と、ぬれぎぬを
きせている。

私が「妹さんには、貸してないよ」
「疑うと、かわいそ~だよ」
かばうと機嫌が悪い、

こんなこと、しずさんの妹さんが聞いたら
おこりますよ~

どこでどうなって、しずさんの妹さんに
車椅子が行っちゃたのか…???

いざというとき、一番頼りになる人なのに



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 面会

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/22 Tue. 18:30 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

往復1キロ散歩~びっくり! 


最近、Gホームの職員さんが
しずさんを散歩に連れ出してくれている。

ここに入居してから、足腰がしっかりしてきて
行動範囲が広くなってきた。

この前は、近くの美容院がある所まで
シルバーカーを押しながら、
歩いて行ったと聞いた。

え~ぇ~…あるいて~…ほんとかな~、

また、夢か妄想か、なんて思ってしまう。

職員さんに聞くと「行きましたよ!」軽く答えて、
へぇ~、ほんとなんだ~と感心した。

しずさん、すごいじゃない!
と思いながら、まだ疑っている次女、

しずさんに、「行きだけ歩いて、帰りは車じゃなかった?」
なんてことを聞いてみた。

しずさんは「いいゃ~、帰りも歩いたよ~」
得意そうに話す。

どうやら本当のようだ (*´v`)

あとで、グーグルマップで距離を計測してみると、
往復1キロ弱、

入居した時は車椅子だったのに
心不全があって、ちょっと歩いただけで
ゼーゼー、息苦しくなっていたのに…

すごいな~


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 認知症

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/22 Tue. 00:05 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

雨で青空トイレが使えない 


青空トイレにすっかり慣れてしまった、しずさん
雨の日のトイレはどうするんだろう?

先日、しずさん宅に帰ったときは小雨、
外で用を足すには寒いし、雨で濡れる。

どうするのかな~、見ていると
トイレに向かって歩きながら
「カバー(トイレ)は誰が替えるんかねぇ~」聞かれた

やっぱり、汚れるのを気にしている

トイレを済ませ、しずさんが仏壇に行った隙に
トイレをチェック、
やっぱりカバーがびっしょりと濡れている
床は汚れていないので、
カバーを取り替えるだけで済んだ

今度はしずさんの下着をチェック、
ズボンとパンツが、おしりの所だけ濡れていた
不思議なことに、尿パッドはきれい
たぶん、用を足した後、
濡れたトイレカバーに
座ったんだろうと思われる

「おしりが冷たいからズボンを替えよぉ~」言うと
「よごれちょらん」「これでよかとじゃが~」
不機嫌で全力で抵抗された

こんなときは何を言っても無理、
しばらく様子を見てから
「私は洗濯に来たのに~」
「脱がんと、洗濯ができんがねぇ~」
「洗濯が済まんと家に帰れんよ~」
言ってみたら

しずさん、やっと『洗濯』に反応
着替えも自力ではできない
しぶしぶと着替えさせてくれた

しずさんは、娘に下の世話をされて
何を思っているのだろう
これだけは、世話になりたくないと
思っているかもしれない


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/21 Mon. 00:24 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

カレンダー

最新記事

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。