しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

失禁しても気にしなくなった!? 


いざ、雑草との戦いに出発!

しずさん宅近くの量販店で除草剤と噴霧器を購入、

先日、じょうろを使ったが無駄が多いことに気づき、今日は噴霧器で…

墓掃除の後にしずさん宅に到着すると、山の向こうに怪しげな雲が、

雨が降ると除草剤の効き目が半減する、迷った末、今日の散布は中止、

昼過ぎ、しずさんを迎えに行った、

体調はあまりよくないが、短時間でも外出できればストレス解消になるだろう、

しずさんはトイレに行っていて、職員さんが…

「間に合いませんでした~」と、排便が間に合わず介助をしている最中~

何日か排便がなく昨日、下剤を服用…効いたらしい、

トイレから出てきたしずさんは、「でたよ~、よかった~」とスッキリした顔、

失敗したことなど、どこ吹く風~

久しぶりにしずさん宅に行くが、1人での移動が大変になって、かなりレベルが低下している、

玄関から冷房の効く居間にたどり着けず、居間に続く広めのローカに転げて動く気配なし、

介助するが、動かず無理に動かすと腰や腕を痛がる、

しかたがないので、ござマットを敷き、水分補給、扇風機を2台回す、

暑いのに、そのまま一時間ほど昼寝…

スヤスヤと気持よさそうだ!



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング





カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/07/27 Thu. 21:45 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

お姉さん宅訪問 


昨日は、

警察に連れて行けと、いきまくしずさん、

どこに行きたいか聞くと…「警察!」

車に乗ってからもお姉さんの家に泥棒が入ったと、、、

妄想が止まらない…どうしよう?

考えた末、いつも忙しくしているお姉さんに電話してみる、

珍しく電話に出て、しずさんのことを話し、

今すぐに連れてくればいいと言ってくださった、

よかった~、ありがたい、、、

警察に行かなくてもすむ、

しかし、場所がうろ覚えで迷う、今まではしずさんが案内していたので覚えようとせず反省…

10分で行けるはずが、40分もかかって、しずさんに案内を頼むが…

「遠~いね~、暇がかかるね~、どこじゃったかね~」、わからないらしい、

最初っからナビを使えばよかったのに、途中で気がついて私も結構なまぬけ…

お姉さん(私の伯母)は、2~3日前から身体の調子が悪く病院で点滴をしたらしい、

クーラーも扇風機もつけ忘れて、なんで暑いのかな~って我慢していたら熱中症で具合が悪くなったとのこと、

゛しっかり者の伯母さん゛と思っていたが、結構…天然でした!

しずさんはお姉さん宅の片付けられた室内を見て、ようやく泥棒はいなかったとわかったようで、

警察は「行かんでもよか~」と、お姉さんと久しぶりに話ができ満足そうで、よかった!

しかし、しずさんは私が抱き上げ椅子代わりをしないとズルッと倒れ、座位になれない、

抱っこのようにして支えていると、小さくなっちゃったな~そんな思いが…

具合の悪かったお姉さんに申し訳ないが、訪問できて本当によかった、




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング




カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/07/16 Sun. 20:14 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

明日になると今日のことは… 


今日は晴天…

外に出たがっていたしずさんを連れ出し、しずさん宅へ、

色々と済ませたいことがいっぱい…あるが、

しずさんがいると転倒が怖い、目を離さないように何もせず監視(見守り)!

しずさんは動くのがだいぶきつそうで、家の中に入るまでが時間がかかる。

屋内より玄関のほうが風通しがよく、そよ風の中でお茶タイム…

飲み物

飲み物も色々試してみたが、
最近はこのタイプが一番、飲みやすいようだ…

焼き芋
途中で見つけた焼き芋、あま~いのです。
1つ124円、安い!

玄関

しずさんの好物、
「腹は減ってないのに、芋はたべられるね」
といいながら大きい芋、半分食べた。

草取

しばらくしすると、しずさんが動き出した、

庭に置いてあったコンテナをずるずる、引っ張ってきて椅子代わりに、

草取が始まる。

「う~みはーひろいーな~、おお~きーいな~……♪」歌って、

私と冗談を言って…
ときどき、咳き込んで「笑いすぎると咳が出るよ~」という。

昨日の不穏と興奮が噓のようだ…

明日になると今日のことは、たぶん忘れているだろうな~

自宅に帰って、おいしいお芋を食べて、歌いながら草取をして、笑ったこと…

どれくらい覚えているのかな?



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/06/15 Thu. 19:22 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

認知症患者の社会参加は難しい? 


先日、市役所に用事があって、しずさんと行ってきた。

用事はすぐ終わったので、ついでというか…

前から確かめたいことがあって、市役所内にある地域包括支援センターに寄ってみる。

しずさんは去年の9月まで、地区の認知症予防の集まりに行っていたが、

ボランティアの方が体調を悪くし、今も療養中…

それ以来、なかなか社会参加する機会がなく、地域の方とふれあうこともなくなった。

しずさんの兄姉妹とも自然と疎遠になり、

しずさんの実家である長兄さんの家に、半年に1回ほど訪問するのみ、

できれば、社会資源なるものがあればと、期待を持っていってみた。

でも…私の期待は、打ち砕かれる (・_・、)

私の聞き方が悪いのか、話しを理解してくださらないのか???

Gホームにいるのであれば、その中(ケアプラン)でやってみてはどうかと…

プランがあるはずだからと…枠内でしか考えてくださらない。

私の街には認知症カフェや認知症関係のボランティアが多いが、

やはり、まだ認知症にたいして閉鎖的な感じ…

県が違うと色々勝手が違うのか?

負けずに食い下がり、とりあえず電話で探してもらった、

2件ほど見つかったが、まだ計画中で予定が立っていないとのことで、

後日、連絡していただくようにお願いした。

話していると、私がGホームに不満があって苦情にきていると誤解されているようなそんな雰囲気?

違うのです…

私は、Gホームの中だけじゃなく外に出て、ストレス発散をさせたいだけ…

Gホームに苦情なんて、とんでもないことです。

とてもよくしてくださっているので…バチがあたります。

でも、誤解が解けると、対応してくださった方はいい人でした。

しずさんとしばらく話しをしてくれて、

市職員「おば~ちゃんは何歳になりましたか?」

しずさんはしばらく考えて「90歳になりましたよ」???…90歳ではなく80代前半です。

市職員「誕生日はいつですか?」

しずさんは私を見て首を傾げる、

私が昭和10年…生まれですよと答えると、

市職員「ま~お若くしていらっしゃって~」

照れ笑いのしずさん、楽しそ~

これも、社会参加のひとつかな~?


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/05/25 Thu. 22:36 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

頭の中はタイムスリップ? 


昨日の外出、午前中に草刈を済ませたので昼から、しずさんとゆっくりする。

家の中に誘うが、玄関に座り込んで動かない、

しかたがないので玄関でお茶タイム…

しずさんはお茶を飲まなくなった、熱い飲み物もダメ!

スポーツ飲料は進んで飲む、飲む量も少しづつで紙コップ半分くらいがやっと、

菓子類も食べないものが多くなって、準備するときに悩む、

今回はくる途中、立ち寄った店に焼き芋があったので購入、

玄関の真ん中に芋の入った袋を置くと、何も言わないのに、

「芋があるよ~」「おいしそ~よ~」といって、自分で袋を開け食べていた。

私があまり話をしない人なので、

しばらく…

二人でそよ風に吹かれながらぼーっとしていた。

時々、ズボンのポケットを探ったりソワソワしたりするので、

「どうした?」訪ねると、

「携帯がない」「携帯は何処にいったかね?」探している。

しずさん…携帯を持っていた時にタイムスリップか?

私が「ゴメン!家に持って帰ったよ」「今度持ってくるね!」

30分くらい何度か繰り返した。

それが落ち着くと、今度は庭の草取…

もうGホームに帰る時間、黙々と草を取る。

車に乗るよう促しても、無視!

ペットボトルの水で手を洗っても、また草取…

諦めて、手が汚れたままやっと車に乗せる。

鬱の症状が一番強かった頃、朝から晩まで延々と草取をして

暗くなってもやめなっかった。

あの頃のしずさんを思い出して、私もタイムスリップ?


DSC_0316.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/05/24 Wed. 22:26 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

この家の記憶は? 


先日、しずさんを自宅に連れて行った。

本人が行きたいと言うわけでもなく、

しずさん宅は自分の家という認識が完全ではないが薄れてきているようで、

玄関前に車を止めても、降りようとしない、

しずさんに、

「降りてみらんね?」2回ほど声をかけ、

しばらくしてから、

「うん、降りてみるか」と、ゆっくり動き出したが、

記憶を掘り起こすかのように、周りを見まわしながら車から降り、

玄関外に置いてある逆さまにした長四角い頑丈なかごに腰掛ける、

そして、雑草が伸び放題の菜園をしばらく眺め、「ふーぅ」とため息をついていた。

私の足のケガが治りきっていないので、しばらく放置した菜園は、見る影もない…

しずさんの記憶の中は、たぶん…

雑草もなく、数種類の野菜が均等に植えられている状況だけが残っているに違いない、

こんな雑草だらけの風景はきっと、受けいれられないだろう?

しばらくして、ようやく家の中へと歩き出した。

這うように仏間に向かうが、

途中…三味線が入っているケースに気づき動きが止まった。

ハードケースを開け、三味線を持ち上げようとするが重くて上がらない、

寝転がったまま撥で弦をはじくが、ゆるんで音がでない、

そして調弦をしようと、しばらく格闘していた。

三味線

三味線の腕がどれほどなのか知らないが、弾きたいのだろうか?

30分くらい遊んで、

ようやく仏壇に気づき、思いだしたように手を合わせた。

この家の記憶、どれくらい残っているのか…知りたい気もする。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/05/16 Tue. 13:23 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

春はホッとするけどね…? 


春は、暖かくて花がたくさん咲いて、ホッとする。

でも、しずさん宅の菜園も雑草が元気よく育って、しばらく来ないうちにすごいことになってしまった、

しずさんは、玄関に腰掛けお茶をしながら何も言わず、雑草をみていた。

何も言わないだけに、しずさんの気持ちが伝わってくる気がして…

「草がのびた」「草を取らんといかん」…いってないが、そんなふうに言われているような、錯覚に陥ってしまっていた。

眠いというので、休ませ…予定外の草刈をする、

くさきり

時間的に全部は刈れない、見えるところだけでもと頑張ってみるが、久しぶりの草刈は腕が強ばって、思うようにいかない。

しかたないよな~にわか農作業?

本気でなんて、無理なことはわかっている。

雑草は私の意思を無視、容赦なくのびて…もう~、何とかならないのか~

そう思いつつ、もくもくと草を刈る。

しばらくして、しずさんが覚醒…動きだしたので作業をやめ、そばに行く、

昨年の秋に目を離したすきに転んで、ひやりとしたので要注意なのだ!

草刈は、また次にやりましょう…ふ~

Gホームに帰ろうと、車に乗る直前、しずさんはしゃがみ込み、草取が始まる…

やりだすと止まらなくなる人、車に乗せるのに手を洗って、そして草取りして、手を洗って、また草取…

なんどか繰り返し、ふつうであれば、切れてもおかしくない。


…沸点、高くてよかった。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/04/21 Fri. 00:14 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

靴…捜索する。 


10日ぶりにGホームを訪問する。

やっときたよ~みたいな感じで、喜んでくれた。

笑顔で、穏やかで、どこに鬼が隠れているんだろうと思うくらい優しい、

天気がいいので、外出…でも、準備に手間取る。

昼食直後なので、うがいと義歯洗浄が終わっていなかった。

バタバタと急いで、うがいを済ませると、こんどは…

いつも、はいているはずのリハパンツをはいていない、

職員さんが、トイレ誘導と同時にリハパンツをはかせてくれた。

玄関に行く途中、

「歯が、歯が、フガフガ…歯がない」、入れ歯を入れ忘れて、

やっと、玄関にたどり着く、

でも…

靴

靴がない?

職員さんと探し回っても…ない!

いったい、どこに?

職員さんが「いつも、この中に入っているんですけどね~」と、枕の入っている、枕カバーの中に手を突っ込んで探っていた。

部屋の全ての引き出し、ゴミ箱、洗濯かご、ベッドの下や隅々まで捜索して、

まさか、この中には入れないでしょと思った赤いバックのチャックを開けると、出てきた(´∀`*)、

職員さんもあきれていたが、見つかってよかった。

くつ

なにを思って、隠したのか?

しずさんは、全く記憶していない…

外出するまでの準備をようやくクリア~

今日はお寺さんに納めるお金を、持っていくことになっている。

集金は都会からUターンし、どんぐり広場に住みついている方が係…

どんぐり広場って、何年か前まで、グランドゴルフの練習場だったような、

どんぐり広場なんて、どこ?

場所がわからないので、しずさんに案内してもらった。

しずさんの昔の記憶回路は正常なようで、間違わずに目的地に到着、

広場っていうより、山奥の荒れた空き地って感じで、ここでグランドゴルフをやっていたなどと、想像もできないほど荒れていた。

そこに、ポツンと一軒家があって、80代のご夫婦が住んでいる。

一人ではあまり来たくないな~…そんな場所、

どんぐり

しずさんは懐かしそうに、あたりを散歩、でもデコボコの荒れた地面は足を取られそうで、長く歩くことができなかった。

そのかわり、記憶が蘇って「あの山は、○○さんちのじゃ」「あれはうちの山じゃ」、色々とおしえてくれた。

本当かどうかは???




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/04/18 Tue. 22:58 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

穏やかな日、気持ちも穏やか 


今日は晴天、しかし、県境を越え、しずさんの町に入る頃には、雲行きがあやしくなってきた。

幸い、雨は降りそうにない?いつ降ってもおかしくない空、

Gホームに着くと、ホールのソファーに腰掛け、
「あら~、きたね~」、右手を振りながら笑顔で迎えてくれた。

「み~んながね~、よ~くしてくれるからね~」と、機嫌がいい、

最近は、しずさんのGホームの評価がうなぎ登り?

私も、嫌な話し(妄想)は聞きたくないので助かる。

雨が気になったが、墓参りに行くことにした。
体力が心配だったが、孫ちゃんが一緒なので、いざという時は二人で抱えればいい。

にわとり

ニワトリ

お墓へ行く緩い階段を上る途中、放し飼いのニワトリが3羽、まとわりついてきた。

「トイ、トイ、トイ~トイ、トイ~~」といいながらニワトリに手を伸し、手のひらを突かれても平気でいる。

私が頭によぎったのは、昔、ニワトリの首を絞めていたときの、しずさんの後ろ姿…残酷、非道、情けのない鬼婆~と思っていた。
そのニワトリを食べていたのだけど?

あの頃と、今の姿はずいぶん違って見えた。

昔は生きるために残酷なこともしていたが、今は穏やかに生き物を見ている?

時間をかけ、お墓にたどり着くと
「やっと来れたよ」、座り込んでしまった。

墓掃除をしていると、私の幼なじみが家族で散歩に来て、○十年ぶりの再開で、話が弾んでしまった。

話しを聞くと、「え~あの人も」っていうような人たちが、介護に携わっているらしい…高齢者が増え、需要が高いのも関係あるのかな?

子供の頃は、長女さんのほうが仲がよくて「元気しっちょね?会いたいが~」「よろしく言うちょって!」、言われたが、闘病中だとは言えなかった。

話し好きなしずさんは、なかなか話しの輪に入れず、つまらなさそうにしている…ごめんなさい!

久しぶりの墓参りは、疲れたかな?




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/03/25 Sat. 22:46 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

時間の長さ… 


先日、しずさん宅にしずさんをつれて帰った、

車を玄関の前に横付けして、
「ついたよ、おりていいよ」言っても動かない、

お地蔵様のように、固まっていた。

「ここはどこかわかる?」
「誰の家?」
聞くと…

「○○のりさんの家!」と、一言…

自分の家だと、言わない。

家の前の荒れた畑を、じ~と見ていたが、
以前のように、
南瓜の種やじゃがいもの話はしない、

気のせいか、他人の家に来たような、
そんな風にもみえた、

1月2日に帰って以来だから…2か月ぶり?
寒いと肺炎の再発が心配で、臆病な私は
外に連れ出せなかった。

そして、しずさんの家は「な○○べ」になっているから、忘れちゃったかな~

前の家に約30年、今の家に30年近く暮らしても、嫁ぐ前の19年間の方が思い入れがあるのか?

思いって、時間の長さじゃないのかな?

しずさんの介護に関わって、1年半…

私も、時間は短くてもしずさんの心に残るような、
そんなふうにできたら…いいのに…

結局、しずさんは車から降りず、
「帰ろかい」と言って、Gホームに帰る。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/03/13 Mon. 23:43 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

ただいま~ 


昨日は花粉注意報がでて、くしゃみもでるが、
目がしみて痛くてたまらない!
なんとなく外も霞んで見えた。

墓掃除をすませ12時30頃、
グループホーム到着、

しずさんは、玄関の見えるソファーに
腰掛け、私達が来たのがすぐにわかったようで、
「孫ちゃーん」手を振ってくれた。

私より孫ちゃんが来たのが嬉しいのか、
少し、嫉妬…

来ることは言ってなかったのに、
待ってたのかな?
「来た、きた、やっときた~」とにこにこ、

久しぶりに外出なんだけど、しずさんの準備が大変、
自分で着替えることが難しくなって…

着替える前も、リハパンツは「いらん」
帽子がどこに行ったかわからない、
「腰が痛い」、「手が痛い」で、時間がかかった。

そして、準備万端で行きましょうというときに、
職員さんに一人ずつ挨拶が始まって
「お世話になりましたねぇ~」
「ありがとうございました」
「元気でね!」
なんて、言い始める?

職員さんも、それにあわせて
「どういたしまして~」と、いってくださるので、
まるで、退居するような感じで外出…

市役所で確定申告をしたが、
本来は、年金収入しかない人は申告の必要はなく、
役所が誤って送付したらしい!

来年から、申告の書類は送りませんって言われたが、
去年も同じ様なこと、言われたような気がする…

しずさんは、ご近所の知りあいを見つけて、
話していたが、会話がかみ合わず?
ご近所さんは、私を見て大変ねって顔をされ、

「しずさんには、とても世話になってね~」
「がんばってね」と気の毒そうにいわれてしまった。

ひさしぶりに会った、しずさんの変わりように
驚いたのかも…

散歩も予定していたが、あまりの強風で
できなかった…また今度ですね!

Gホームに帰る頃には、外出時の「お世話に…」は、
すっかり忘れて、「ただいま~、よかドライブじゃった」
と、ご機嫌で、私達の車が見えなくなるまで、
手を振ってくれた。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/03/10 Fri. 19:33 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

元気がない??? 


日本晴れで、さわやかな朝、
景色も最高!
途中に見える霧島連山も、くっきりと霞み一つない、

父の命日、墓参りのため早朝に我が家を出発、
しずさんのいるGホームには行きがけに、
ちょっと寄ることにした。

しずさんは、キッチン前のテーブルに、
職員さんに見守られるように腰掛けていた。

「最近、元気がなくてね!」…私の挨拶が終わると、
心配そうに二人の職員さんが、代るがわる話してくる。

そういえば、表情は穏やかだが、
唇が紫色で顔色も少し悪いかな?
熱はないが、元気がない。

体調が悪くて元気がないのか?
外にでれなくて元気がないのか?

しずさんは私に、
「運動会は今から行くんか」
「孫ちゃん(私の子供)の運動会は今日やろ」
行きたそうな様子で話してきた???
時期的に運動会はありえない、
それに、運動会なんてとっくに卒業している。

私が墓参りに行くというと、行きたがって、
職員さんも「行ってきたら、元気が出るかもね?」…
言ってくれたので、予定外だが連れて行くことにした。

お墓の階段が登れるか心配だったが、
どこから力が出るの?
ってくらいに伝え歩きで登り切った…すごい!

仏花の取り替えも手伝ってくれて、
思ったより元気!

3本の線香を、
一本いっぽん丁寧に、線香立てに立てて、
泣きながら手を合わせ「やっと来れたよ~」、
そして、手を合わせたまま私の方を向いて、
「ありがと~ね~、つれて来てくれてありがと~」
拝まれた。

体調を心配したが、来てよかった…



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング





カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/02/03 Fri. 17:56 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

穏やかに新年の挨拶 

1月2日月曜日

しずさんに新年の挨拶、笑顔で迎えてくれた。

天気がよく、寒くないので墓参りに誘うと
「長いこと行かんかったね」と何度も言う。
行きたかったのに、言い出せなかったのかな?

お墓の階段は登るのが大変、
一度転けそうになって、ゆっくり休みながら、
やっとたどり着くと、息を切らしていた。
階段はきついかな?

しずさん宅では、家の周りを散歩、
水仙の花が沢山咲いていて、
Gホームに持って行きたいと言う。
何本か折って、持って行くことにした。

今日のしずさんは穏やか、
認知症の症状も少なく
「今日は何日だっけ?」と聞くと
「1月2日よ~」と即答できた。

他の娘達に会いたくないか聞くと
「べつに、会ってもね~」といいながら
無口になる。

本音は会いたいだろうな~

「ほらほら、笑って~」
「笑うと福が来るよ~」
と無理矢理笑わせて笑顔の写真を撮る。

しずさんの本当の気持ちはわからない、
本音を言わず、我慢しているようにも見えるし、
嫌なことは忘れているようにも見える。

散歩

後ろ姿が寂しく感じるのは、気のせいかな?



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング




カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/01/02 Mon. 23:18 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

親戚訪問 

12月30日金曜日

先月からしずさんが、兄弟の家に
行きたがっていたので、親戚まわりをする。

まずは長兄のお宅を訪問、
車を降りると
シルバーカーは「いらん」
杖は「いらん」

手を取って介助しようとすると、
振り払って歩き始めた。

しずさんは、兄弟の前ではしっかりしたがる、
馬鹿にされたくないのだろう。

長兄さんは耳が遠いので、話がかみ合わない、
しずさんも架空の話で「……を取られた」を
繰り返す。

生真面目な長兄さん…「おまえの話はわからん」と
首を振った。

次にお姉さん宅に行ったが留守、
諦めきれないしずさん、近所を探そうとした。
「また来年きたらいいよ」で、やっとあきらめる。

最後に妹さん、
Gホームに近いのでゆっくりする、
たわいのない会話でとても和んだ、

三女さんに、しずさんの妹さんは、
私が苦手だと聞いた。
話しにくいと言われたが、あまり気にしていない、
口べたな私は苦手な人が多い、
面倒なので、余計なことを話したくないだけ

最近は前より話せるようになって、
しずさんの妹さんとも、普通に話ができている。
私も、この1年で会話力がアップできたのかな

1年って、早い…今年も色々ありました。
しずさんも精神的に、不安定な日が多かったが
1年前からすると、だいぶ落ち着いてきた。

しめ縄

誰もいないけど、しずさんの家
しめ縄を飾ってきました。

来年も、しずさんを守ってください!


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/12/30 Fri. 23:08 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

トラウマが役に立つ 


しずさんは外出時、
必ず尿パッドをつけるようにしているが、
自分では絶対につけない。

私がやんわりと強制してつけているが、
毎回、なんで必要なのか説明はしている。

めんどくさいが、つけないと失敗したとき、
しずさんも私も、お互いが大変になる。
しずさんは着がえを嫌がるし、
私は着替えさせるのに、不要な労力を使うことになる。

たまに、着替える着替えないのちょっとした
バトルになったりもするが、険悪になることだけは
避けるようにしている。

でも、急いでいるときは困る。
焦っているのが、伝わるのか
余計に、つけたがらない。

先日も、葬儀に行くときに
時間がなくて、早くしてほしい私の思いが
伝わらず、イライラした。

どうしようと考えて、思いついたのは、
私のトラウマ!

小学校にあがる前の寒~い、1月のこと、
お正月で、しずさんは大忙し
私は正月料理が合わなかったのか、
激しい腹痛で独りで我慢していた、
忙しいしずさんに言うと、怒られる。

かなり我慢をしていたが、限界がきて
大量に水のような脱糞、それも服を来たまま…
しずさんに見つかったときの
恐怖は、忘れられない。

鬼のような形相で、私の服を脱がせ
大人が二人は入れるくらいの雨水を溜める
大きな桶の氷水でお尻の汚れを流した。

寒さより、とにかく叱られるのが怖かった。

外に置いている大きな桶は氷が張り、
その中に金魚が泳いでいて、
今も氷の張り具合と、金魚の姿が
鮮明に記憶に残っている。

それがトラウマになって、それから
しずさんに何も言えなくなった。

その話をしてみると
古い記憶は残っているようで
「そげなことがあったよね~」と、
懐かしんでいる。

「私も、同じことせないかんかね~」
笑いながら言うと、しまったというような
顔で、苦笑い
観念したように紙パッドをつけた。

この手はあまり使いたくないが、
効き目は、抜群!



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/12/15 Thu. 10:15 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

父の亡霊、帰宅? 


昨日、私が畑作業をしていると、
しずさんが誰かとしゃべっていた。

少し離れているので話し声は聞こえない、
遠目だが確かに訪問者が…?

庭の椅子に腰掛け、玄関の方に向かって、
嬉しそうに話しをしている。

草刈り機のエンジンを切り、
近くに行ってみるが、周りには誰もいない。

「誰か来た?」
首を傾げている私に、
「じいちゃん(私の亡くなった父)が、きちょとよ」
「じいちゃんの声がすっじゃろ」?????

瞬間、背筋に寒気を感じて
鳥肌が立った。

こんな寒空にホラーですか?
ホラーって夏ものでしょう。

父のお墓は、しずさん宅から見える
小さい丘の上にある。

歩いて、5分以上かかるが、
父が帰ってこようと思えば、
一直線でひとっ飛び、いつでも返って来られる。

私の頭は完全にホラー化して、切り替えらず、
しばらく、その場で固まってしまった。

我に返って
「じいちゃんも、畑仕事の加勢に来たかねェ~」
「しずさんが帰ってきたのが、見えたかもね」と言うと

うん、うんと、頷いていた。

さすがに、冬場のホラーは寒すぎる。
昼間でよかった~!

そのあと、しずさんが転んだり
私が事故りそうになったり
でも、ケガもなく、事故も回避できたのは
父が守ってくれたかなと、勝手に思っている私

しずさんをしっかり見とけよ!
運転は気をつけろよ!
なんて…父が注意しに来たのかもしれないな



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/12/11 Sun. 09:17 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

転んでしまった。 

12月10日土曜日

何年か前、近所の枯れ草に放火されたことがあった。
しずさん宅の周りは、市が刈ってくれてスッキリ

でも、畑の枯れ草は1/3がまだ、そのまんま
今日はすませなきゃ、

しずさんは見えるところに座らせ、ひなたぼっこ

枯れ草は、草刈り機で刈って焼却する。
しずさんが、動き出すたびに作業を中止し、
様子を見に行くが、焼却が終わる頃、

ちょっと目を離した隙に、だるまさんのように転んだ!

やってしまったと慌てて駆け寄るが、
転んだまんま、自力で起き上がれない、
起き上がろうとするが、ごろ~んと、また倒れる。
着込んでいるせいで、身動きがとれないでいる。

直後に左の中指と薬指を少し痛がったが、
「大丈夫、グーパーグーパー、いたくないよ~」と
両手でグーパーして見せ、他に怪我はなかった。

転んだままのしずさんの橫に椅子を置いて
しずさんの後ろから両脇を抱え「せ~の」で
やっと、起き上がり椅子に座ることができた。

もう、しずさんを見ながらの畑作業は危険かもしれない
歩けるが、常にそばにいることが条件になっている。

寒くなると、外出も控えることになりそう。
間質性肺炎の再発も心配、インフルエンザやノロウイルスなど
しずさんの敵は多すぎ…私自身も持ち込まないようにしないと!


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/12/10 Sat. 22:58 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

親戚のお葬式 

12月3日土曜日

一昨日、しずさんの伯母様が亡くなって
今日、葬儀が行われた。

私は全く面識のない方で、
しずさんの付き添いで参列、

89歳で心筋梗塞、最近までとても元気だったらしい。
年齢を考えると、平均寿命は超えている、
しかし、急な訃報だったので、悲しんでいる方が
とても多かった。

しずさんの姉妹さん方は、泣いているのに
しずさんは「長生きじゃったがねぇ~」と、
一人だけ、涙も見せず、お経に合わせ
淡々と『合掌』『礼拝』をこなしている。

私はというと、しずさんの長兄と
亡くなった伯母さんの年齢が、同じということに
疑問で???
ずっと、考えていた…不謹慎!

しずさんに「いとこじゃないの?」と聞いたが、
「伯母さんよ~」と言うので、回りの人に聞いて、
ようやく、納得。

しずさんの話を信じたいが、日ごろの
物忘れと妄想が邪魔をする。

そういえば、しずさんの長兄の子供と
しずさんの一番下の妹さんも、同い年だったような?
ややこしいな~

今日のしずさんは、とてもしっかりしていて
認知症とは思えない様子…
場所と状況で、脳が復活していたりして


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング




カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/12/03 Sat. 20:00 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

『死』に、敏感 


G-ホームから、しずさん宅に行くとき、
交差点の隅に、葬儀社の案内板が
立てかけている。

亡くなった人の氏名入りで、多いときには
3つくらいたつ。

こんな目立つところに~と思うが
案内板なので、目立たないと意味がない。

たまに、しずさんの知っている人の
名前もあったりするので、
しずさんはその場所を、とても気にしている。

信号が青のときは、気づく暇はない、
気づいても、名前を認識する余裕はない。

信号が赤のとき、しっかり名前を確認できるので
知っている名前があると、ず~とその話が続く。

自分より年上の人であれば、
「長生きしたね~、老衰じゃろかい」と、
老衰で亡くなったと信じ込む。

自分より年下のときは、
「若いのにね~、はやいね~」と、
勝手に死因を想像することもある。

先日も、60代で亡くなった人の話を耳にして、
「60代でね~、何の病気かね~」飽きるほど
聞かされた。

違う話に切り替えても、すぐにもとの話に戻って
私が滞在している間は、話が尽きない。

しずさんは、80代
『死』について、気になるのは当然、
でも、しつこいくらいその話ばかりするので
「やめて」と思う。

私が片付けすると「死ぬ準備か~」と言うし、
いらないものを処分すると「一つ一つ、片付くね!」
しみじみ言ったりする。

自分で準備したしずさんの遺影があるが、
箱に閉まっても、持ち出して眺めている。

私がしずさんに、
「あのね、死ぬことばっかり考えている人はね、
なかなか死なんもんよ」と、言うと、
「そ~かね~」と言いながら笑っている。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/28 Mon. 11:43 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

自主返納 


しずさんの…
運転免許証、自主返納をしてきた。

運転しないので、返納しなくても問題はなかったが
次、更新しなかったら完全に失効してしまう。

50数年間、ずーとバックに入っていた免許証、
違反はたくさんあったけど
無事故で、頑張ったもんね…なにか形で残せないものか?

しずさんと警察署に向かう。

私「警察に行くよ」
しず「なんで?」
私「男の人をいじめるからね、逮捕してもらおうと思って」
しず「ハッハッハッ」「逮捕されるかね~」
私「噓だよ」「免許を返しに行くよ」
しず「あ~ぁ、もう乗らんからね~」「よかよ」
しず「なんか、くれるかねぇ~」
しずさんは、タダでは返さないよ…みたいな話しぶり

受付の女性二人は、免許更新の対応で忙しくして、
そのかわり、若い新人ぽいお巡りさんが対応してくれた。

事前に認知症の診断がでていることを
伝えたので、丁寧に説明、書類は氏名記入欄以外は
お巡りさんが書いてくださる。

しずさんの記入欄も、しっかりした字で自分で書けた。
バスの割引券、宿泊割引券など、特典があったが
しずさんが「いらんねぇ~」と断る…以外と欲はない

後日、運転経歴証明書が発行されるが、
「証明がくるねぇ」
「いつ、くるんかねぇ」
更新も期限もないので、しずさんは喜んで
楽しみにしているようだ。

運転免許証はなくなるが、運転経歴証明書でも
しずさんが存在している証になればいい。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/26 Sat. 22:31 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

取られないように… 

11月25日金曜日

昼過ぎ、しずさんを迎えに行く

「やっときたねぇ~」
私が行くと、外に出られるので
まちどうしいらしい。

外出の前、宝物が入った赤いバックを
どこに隠そうかと、必死!

まくら
枕カバーのチャックを開けて、
無理やり、枕の中に押し込む、
私から見たら、それで十分でしょと思うが、
満足せず、その上に膝掛けをかけた

ふとん
作業は終わらない
毛布を掛けて、「まだ、とられるね」言いながら
布団を掛ける

ふとん1
隠すのに夢中
きれいに布団を整えて、終わったかな…?

ここに、宝物が隠されている。
ふとん3
これって、端から見たら
出かける前に布団を整える、
しっかりしたおばあちゃんに見える…ちがうんだよな~

これだけ隠しても、不安は消えない。
「とられたら、どげんしようかね」
やり直そうとしたが、
「取られたら、文句いってやるが~」私が言うと
不安げに、「大丈夫やろかいね」と、
少し落ち着く。

物取られ妄想は、
だんだんひどくなってきているが、
前のように鬼気迫った感じではない。

穏やかな、物取られ妄想って感じ。

気分転換に、
クリスマスツリー、飾りました。
ツリー


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/25 Fri. 23:30 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

雨で青空トイレが使えない 


青空トイレにすっかり慣れてしまった、しずさん
雨の日のトイレはどうするんだろう?

先日、しずさん宅に帰ったときは小雨、
外で用を足すには寒いし、雨で濡れる。

どうするのかな~、見ていると
トイレに向かって歩きながら
「カバー(トイレ)は誰が替えるんかねぇ~」聞かれた

やっぱり、汚れるのを気にしている

トイレを済ませ、しずさんが仏壇に行った隙に
トイレをチェック、
やっぱりカバーがびっしょりと濡れている
床は汚れていないので、
カバーを取り替えるだけで済んだ

今度はしずさんの下着をチェック、
ズボンとパンツが、おしりの所だけ濡れていた
不思議なことに、尿パッドはきれい
たぶん、用を足した後、
濡れたトイレカバーに
座ったんだろうと思われる

「おしりが冷たいからズボンを替えよぉ~」言うと
「よごれちょらん」「これでよかとじゃが~」
不機嫌で全力で抵抗された

こんなときは何を言っても無理、
しばらく様子を見てから
「私は洗濯に来たのに~」
「脱がんと、洗濯ができんがねぇ~」
「洗濯が済まんと家に帰れんよ~」
言ってみたら

しずさん、やっと『洗濯』に反応
着替えも自力ではできない
しぶしぶと着替えさせてくれた

しずさんは、娘に下の世話をされて
何を思っているのだろう
これだけは、世話になりたくないと
思っているかもしれない


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/21 Mon. 00:24 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

父の形見売却…しずさんの反応は? 


11月18日に父の形見(トラクター)を売却、
「売ればいいが~」と、しずさんが言い出してから
半年、

じっくり、話し合って決めることが大切、
時間をかけて様子を見てきた。

「私が乗るよ」と言うと、「ケガをする、やめてくれ」
と、しずさんと近所の人に止められた。

日によって、言うことが変わる。
「ほしい人がつかえば」とか
「140万で買ったから140万でしか売らん」
などと、損はしたくないぞ~と言ったりする。

購入して14年経つ、しずさんが希望する、
高値での売却は無理、そのことも説明して、
納得してもらうのに時間がかかった。

先日、しずさんの妹さんに、
下取りの話をして「よか値がついたな~」と
言われ、そのことで売る気になったようで、
あっさりしたものだな~

私は、納得してもらうのに
半年もかかったのに…

このトラクターのせいで、
大変な目にあった、
しずさんのうつ病が悪化したり
私は人を信じることができなくなり、
怖い思いもした。

トラクターがしずさん宅を出るとき、
色々あったことや、父を偲ぶ気持ちもあって
思いを募らせたのは、たぶん…私だけ?

しずさんはニコニコして、
「もう、売るもんはなかったかねぇ~」
家の中を見まわして
「帰ろかい(Gホームへ)」と、靴を履き始めた。

嫌なことは
もう、忘れちゃったのかな~


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/20 Sun. 00:30 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

ルーティン 

11月18日金曜日

昼過ぎに、しずさんを迎えに行くと、
自室で、赤いバックの中身をベッドに
広げていた。
金のネックレス(本物)、マダムじゅじゅクリーム、
ふたが取れて書けなくなったマーカー、
つかった綿棒(先が茶色…まだ使えるだとぉ~ (゚o゚; … )、
その他色々ある。

私から見たら、金のネックレス以外、
ゴミとか、ガラクタにしか見えないものも多数
しずさんにとっては宝物らしい。

むやみに捨てたりすると、機嫌が悪い、
それより、もの取られ妄想が始まると大変、
汚い綿棒以外はそのままにしている。

出かけるときは、宝物をどこに隠そうかと、
隠し場所探し。

私も一緒になって、「あそこは?」「引き出しの中は?」
など、見た目、本気になって探す…ふりをしているだけ

そして収まるのは必ず、枕の下
いつものパターンで、
出かける前のルーティンみたいなもの

しずさんは…

これがないと安心して出かけられません



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/19 Sat. 12:04 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

しずさんのトイレ事情 


しずさん宅では、トイレが増えた
青空が見える、壁も戸もない
開放感ありすぎる、しずさん専用のトイレ
納屋の隅に2カ所、畑に数カ所
最近は玄関橫の植木と縁側の下に置いてある
大きな鉢植えの中
遠くに歩けなくなって、だんだんと家の周りに
トイレが増えだしている
しずさん宅の庭も畑も外から見えないように
なっているので、来訪者がない限り
人の目は気にしなくてもいい

最近は慣れて、見て見ぬふりをしている
注意したところで、聞き入れてはくれない
なんで、そんなところで?

最初の頃は、あ~あ、どこでも排尿か~
認知症の症状か~なんて思っていたが、
そればかりではないような気がしてきて

勝手に理由を考えた
家の中のトイレまで、しずさんの足では
間に合わず、失敗して汚しても
外だったら大丈夫と思っているのでは?

家の中のトイレで何度か便座カバーを汚し、
後でそっと、私が取り替えているが
気にしないように、だまっていても
わかっているのかな?

1時間おきくらいに
「トイレに行こうか」促しても
遠慮なのか、応じない
いつも、片付けやら畑仕事で
忙しくしているので
私の手間を、軽くしてくれているようにも見える
しずさんのトイレ事情は、私にも責任があるかもしれない

これから、寒くなるので
外で用を足すわけにはいかなくなる
自宅用のポータブルトイレも必要になるな~



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/15 Tue. 00:10 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

ボーイフレンド 


昨日、お墓の掃除に行くと、
知らぬおじいさまに、声をかけられた。
「しずさんの、娘さん?」
「しずさんは、元気にしてるね?」
「どこにいるの?」

見た目、こざっぱりした、感じのいい方で
しずさんより若いかな?
名前を聞いて、近所の方とわかった。
3~4年前、奥さんが亡くなり
『ボーイフレンド』と、私が呼んでいる人

しずさんが一人暮らしをしているときに
何かと、心配してくださったと、よく話を聞いていた
直接、お目にかかって話すのは
初めてだ。

しずさんと自宅で農作業をしていると、
『ボーイフレンド』さんが、ひょっこり訪問
お世話になった人の記憶は、
残っているものです。
1年ぶりの再会、
畑の中に座り込んで、楽しく会話

『ボーイフレンド』さんには、「物忘れがはげしい」と
伝えていたので、しずさんに合わせて話をしてる
しずさんに「なんぼ(年齢)になったね?」尋ねて、
「六十~四だったっけ~」と
私の顔を見ながら答えている

サバを読んでいるのか、
本当に60代に戻っているのか?
ボーイフレンドの前では若返る

この地区も、一人暮らしのお年寄りが増えた
しずさん宅のすぐ下に住んでいる方も
奥さんに先立たれて一人暮らし、
私が『ボーイフレンド』と言うと、怒るから
その人はボーイフレンドではないらしい
しずさんにも好みのタイプがあるようだ


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/13 Sun. 08:21 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

妄想を忘れさせたもの 

11月7日月曜日

Gホームで、物を取られた(妄想)と
不機嫌のまましずさん宅へ、
到着すると、玄関に紙袋が置かれていた
中には菓子が入っている

紙袋

袋に、走り書きがされていて
それを読んでから、すっかり機嫌がなおり
妄想が消えた
そして、袋を持ってきた人のことを覚えている
名前を見て「わざわざ来てくれたんじゃねぇ~」
都会に住む、しずさんの甥っ子さん(父の兄弟の息子)
何年かに一度くらいしか、会うことがないのに
忘れていない

お礼の電話をしたら
甥っ子さんのお母さんも認知症で、介護施設に入っている
お母さんに会いに帰郷して、しずさんの家も訪ねてくれた
しずさんの認知症もGホーム入居のことも
話してなかったので、連絡のしようがなかったと言われた
お互い、似たような状況で話ができてよかった

しずさんも機嫌がよくなったので、
二人で農作業
時々、私の目に入らないところに消えるので
そのたびに、「だいじょうぶかな~」と
探しにいくほど元気がよかった

Gホームに頂いた菓子を持って帰り
甥っ子さんの自慢話しがはじまって…
もの取られ妄想は、どこにいっちゃったかな~



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/07 Mon. 22:19 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

死んだらお前も楽になるよね 

11月1日火曜日

天気がいいので

02.jpg

農作業してみる

しずさんに「座って見とくんだよ」と言ったのに
しばらくすると、
「肥料をやらんといかんね~」
カボチャの回りをウロウロ
肥料はこの間やったばかりだから
「やらんでいいよ~」と言うと、
今度は鉢植えをいじり始める
私の見える場所で、危険ではないので
ほっといたら、力尽きてその場に座り込んでしまった

顔色が悪かったので、あわてて休ませる
今日は好きなスポーツドリンクも口にしなかったし
おやつも「いらん」と食べない
調子悪くなっちゃたな~、無理させたかな~

01_20161101212823899.jpg

市役所で元気出しすぎかな~
私が農作業をすると、じっとしていないので
しずさんのそばにいることにした
「じいちゃんが(しずさんの父)迎えにきた」
「死んだら、お前も楽になるよね」
なんてことを…気弱なことを言い出す

30分くらい休んで、そろそろGホームに
帰る時間、起き上がった直後に
嘔吐の気配
「待って、まだ吐かないで~~」言いながら
洗面器を探すがない、とっさに大きなバケツを
持って行って、直後に「うえ~っ、うえ~っ」間に合った
大量の嘔吐、吐物が小豆色だったので
吐血かな?でも特有の吐血の臭いではない
2時間前、排便の介助をしたとき
薄黄色い便で、下血(タール便)は確認していないので
様子を見る

嘔吐が治まると、血色がよくなって
スッキリした表情を見せる
とりあえず、救急車は呼ばなくてすみそう
Gホームに帰る準備をしていると
さっきまで、死にそうな状態だったのに
玄関の掃除をしている
「もう治ったよ、どうもないよ」…笑顔
びっくりさせるなよ~

今のところ、落ち着いたので
Gホームの職員さんに報告して
後はお願いすることにした
何事もありませんように!


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/01 Tue. 23:47 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

敬老祝い金を受けとりに 

11月1日火曜日

自宅を出るときは雨
天気予報、はずれたかな
でも、
高速をおりる頃には晴れた
お墓に寄ってから、しずさん宅へ

ポストに、市の福祉課から郵便が届いていた
開けてみると、敬老の祝い金の通知
何度か訪問したが、不在だったため
取りに来るか、振込をするかの通知
期限が10月30日になっていたため
電話をしてみた

期限は関係なく
代理でもいいので、印鑑を持参するように
言われた

せっかくなので、
しずさんが直接受け取れるように
市役所まで一緒に行く
車椅子を持ってこようとしたが
「運動もせんといかんからね~」
シルバーカーで十分だと言って
元気よく、福祉課まで歩いて行く
はりきりすぎだよ「つかれるよ~」は聞いていない

途中、市役所のカウンターに
金髪のスラッとした外国の方が、英語で話していた
しずさんは、珍しいのか私に向かって
「ほーら、外人」、「外人」、「外人」と言って足を止める
ここは田舎だから、珍しいだろ~な~

しずさんは、祝い金を受けとるまで
説明したのに、何をもらうのか
まったく理解していなかった
手に持って初めて「あ~あ、敬老金ね~」

敬老のお祝い

敬老のお祝い01

金額を確認しながら「去年と一緒やね」
去年の金額はしっかり覚えている
私が「何かほしいものないの~」言うと
「何もないね」「お前が使え」…言われた
そんなの、使えるわけないのに!
元気なとき、欲丸出しだった
あの頃のしずさんが、懐かしい
強欲ばあさまでいいから、戻ってきてほしい


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/11/01 Tue. 22:14 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

いつも、そばにいる人 


先日、しずさんを自宅に連れ帰ったとき
珍しく、「拝もうかい」と仏壇に向かった
仏壇のことは、忘れたかな?と思っていたら
時々、思い出すことがある

忘れたからといって、「拝まんとね」と
強制はしない、しずさんの分は私が代りに
拝んどくから思い出した時に、思いのままに
やればいいよ~みたいな…

久しぶりに仏壇に向かって
「お父さん、あきえさん、今日も私は元気でいられました」
「ありがとう」…手を合せて一礼

あれれ?
あきえさんはこの仏壇にはいませんよ
「今日はあきえさんが遊びに来ちょっとやね」
私が言うと、
しずさん「あきえさんは、ここじゃなかったかね~」
「あきえさんは、どこにいるんかね~」と
後ろを振りかえって、見まわした

何度も何度も、あきえさんの夢を見て、泣いて
迷いながら現実と過去を行ったり来たり
しずさんは、最近、やっと
あきえさん(母)が亡くなっていることを、
納得できるようになって、泣かなくなった

亡くなっていることがわかっていても
いつまでも、自分のそばに
心の中においておきたいのかな~

ー あきえさんは10月3日に23回忌の法事が
終わったばかり ー



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 外出

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/10/27 Thu. 12:04 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

プロフィール

最新記事