しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

十二指腸潰瘍… 


昼過ぎ施設長さんから電話…

今日の検査の結果は、十二指腸潰瘍だった、

緊急性はなく、内服薬のみで経過を見るそうで一ヶ月後くらいにもう一度、胃カメラの検査!

十二指腸潰瘍は、もはや持病ともいえる…これまで何度も再発を繰り返してきた、

ストレスを除きたいが、なにがストレスになっているのか?

なんでも考えすぎて思いつめる性格が、精神や身体に負担をかけているのだろう、

考えなさんな~と、いっても無理なんでしょう…


16時前に電話で話をすると、

今日の病院受診と検査のことは忘れているようで、

ー妄想がはじまったー

「昼前にね、おじさんとお兄さんと郵便局や銀行に行ってね」
「通帳がないから、お金がおろせなくてね」
「私のお金は見たことがないのよね」
「お金を一銭も持ってなくてね」
「先の世のことを考えるとどうしていいかわからん」

また、お金の心配…

何度も何度も通帳を見せながら説明したが、娘たちや孫への小遣いを心配する、

介護費がどれくらい必要なのか、今後の医療費がどれくらいかかるのかよりも、

小遣いで子供や孫の気をひこうとする、

そんなことばかりしてきたから、お金がなくなった時、みんな去っていったのに…

家族を崩壊させたのは、それが原因だということがまったく、わかっていない!

みんないなくなって、鬱になって、認知症が悪化して…

私の胸の中は、怒りがいっぱい溜まっていて、

溢れないように、ずっと感情を抑えているのに…

グチったところで、どうにもならないが、

…グチりたい…

私まで胃潰瘍になりそうだ!

そして、言ってやった…

「私は、小遣いよりも可愛いばあさんがいてくれるだけで嬉しいよ」


「小遣いがなくても、ちゃんとまもるから心配せんでね」

しばらく話をしているうちに、今日の検査を思い出したようで、

やっと、現実にもっどってきた…

ふ~、気づかれ…




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: ホームからの電話

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/08/04 Fri. 22:50 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

検査の段取り 


13時くらいに携帯の着信音が鳴る…

Gホームからだ、しずさんの調子がよくないので、

一瞬、ドキッとした、

施設長さんからの電話、

検査の予約や段取りを説明していただく、そのための電話だった…

よかった~、

月曜日に受診をし、しずさんの体調や精神状態、胃カメラの前処置ができるか否かで日取りを決めるらしい、

本当は私がやらなければならないこと、遠距離の身としては助かる、申し訳ない…

今日は嘔吐もなく、昼食は完食したらしい、

不穏もなく落ち着いているようだ、

随分、泣き虫になって、、

しずさんの悪態を聞かなくなって、どれくらい過ぎたのだろう、

静かなしずさんは、私の理想の母…なんだけど、ちょっと違うような気がする、全然、似合わない、

手のかかる困ったさんでもいい、元気になってほしい…




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: ホームからの電話

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/07/30 Sun. 23:33 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

滅多にない午前中のSOS! 


10時30分にGホームから電話…

「朝から帰るコールがすごくてですね」
「帰りたい帰りたいで落ち着かなくて…」
「申し訳ないですが、話をしていただけませんか」

職員さんの必死な声…伝わってくる。

私が知り得る限り…

午前中は、介護や医療関係の現場は特に忙しい、

仕事をこなしながら不穏の対応は、よっぽど気持に余裕がないとできない技、

要領がよく、手慣れていると違ってくるだろうが…

……余談になってしまった……

しずさんはというと、

支離滅裂に話す、ちょっと手ごわいかも、

でも、しゃべり方に棘がなく、どちらかというと悲観的、

実家と嫁ぎ先、ご近所がごちゃ混ぜで、その中に意味不明の単語も入っている、

こういうときは思いっきりしゃべらせて、

とにかく、聞くこと…

聞いた後に、バラバラな単語をつなぎ合わせ、何が言いたいかしずさんに確認しながら考える。

しずさんは、梅を拾いに行きたいのだと、

そして、天気がいいので…外に出たい、実家に帰りたい、

梅拾い、梅漬けは終わったことを話す。

しずさんは足が弱っているし、転んでケガでもしたら大変だから、誘わなかったと話した。

そして、実家や嫁ぎ先のことも話しをする。

意外と私の言い分を受け入れてくれたので、助かる。

しゃべりきった後は、溜まったものが吐きだされたのか、笑い声が…

電話を切った後、どうなるかわからないが、

とりあえず落ち着いた。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング



カテゴリ: ホームからの電話

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/06/13 Tue. 12:04 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

めずらしく、午前中のSOS! 


AM11時くらいにGホームから電話、

職員さんが申し訳なさそうに、

「おかあさんが、ちょっとね~帰りたいというものですから」
「電話を代りますので、話しをしていただけますか」

この時間のSOSは、はじめてだ…

しずさんに代ると、

「もしもし、なんもないけどね…」
「電話をしてくれるというからね」
「今日は来れんとね~」

さほど声に切羽詰まった感じはなく、落ち着いて話す。

私が…
「今日は天気がいいね~」
「どこか用事でもあったね?」
「今から行ったらね、着くのが夕方になるよ」
「今度行ったときに用事を済ませようかね」、いうと、

「おまえんとこは遠いんじゃね~」
「すぐにはこれんのじゃね~」

いろいろ、話をしていると、諦めたのか、

「さっき風呂がすんでね」
「よ~か風呂やったよ~」
「気持がよかった」

「てんぷらも作ってもらってね、美味しかったよ」

帰りたいという言葉は、一言もいわず、

天気がいいので外に出たくて、気持が騒ぐのかもしれない、

「昼から庭の散歩でもしたらいいよ~」
「来週行くからね、待ってて」、いうと、

「そうじゃね散歩でもしようかね」と返し、

「じゃ~ね」と、電話を切られた…!



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: ホームからの電話

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/05/11 Thu. 12:48 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

プロフィール

介護ブログ

介護・福祉ランキング

スポンサードリンク