しずさんが認知症とうつになりました

-日々の記録~迷い、悩み、考えながら親孝行?-

もう、やめませんか… 


しずさんは、私が何かをするたび、捜し物をする、

「あげる物がないよ」
「お金でもあればね…」

いいながら、ポケットや周辺を探る。

元気な頃の、なんでもお金で解決できるという考えが、いまだに消えない。

父が亡くなってから頼るものはお金…

そういう考え方がとても嫌で、私は嫌悪感を持っていた。

周りもわかっていたのか、中にはうまく利用して、しずさんに言い寄ってくる人もいた。

私が「お金がなくなったら、誰もいなくなるよ」、いっても聞く耳なし、

元気な頃、先のことを考えて、それなりの対策とかしてみたが、

それが仇になって私を信用しなくなった。

いまは、後の祭りとなってしまったが、

一度だけ…

「お前のいうとおりにしとけばよかった…」、寂しそうに言った。

一番後悔しているのは、しずさんだと思う。

何もかも失って、誰もいなくなって…

お金でつながっていた人たちは誰ひとり、見かけなくなり…

気がつけば、しずさんのことを心から心配する人は、1人もいなかった!

いまだに、私にお金をくれるふりをしているのが、哀れに見える。

もう、そういうのは…やめませんか?

しずさんの穏やかな笑顔だけで、充分です。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 介護

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/06/03 Sat. 12:23 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

誰に介護してもらいたいの… 


世間では、親の介護ははやめに、
誰が介護するのか決めておいた方がいい、
なんて、理想的なことをいう、

うちは、うちは~失敗のお手本、

家族崩壊のお手本?

父が亡くなって十年以上になるが、
亡くなった当時、しずさんの介護なんて、
知~らない!

そんな無責任に考えていた私が、
今、介護することに…

一番の失敗は、しずさんの意思表示が曖昧すぎて、
将来どうするのか、誰に見てもらいたいのか、
はっきりしない、

たぶん、しずさん自身もわからなくて、
答えが出せなかったのでは???

近くにいる三女さんが第一候補…
気が合って、話が合って性格も似ている。
でも、嫁ぎ先が気に入らない、
しずさんは親戚やご近所さんから、よくない噂を耳にして、
向こうのことが大嫌い、険悪感をもっていた。

都会にいる長女さんは、将来田舎に帰る…
なんて話があって、しずさんはかなり期待していた。
それが、現実的でないことに気づくのが遅すぎて~

私は除外!…
私に厳しかったことを自覚しているのか、
しずさんに「寝たきりになったら何をされるか、怖い」
なんてことも言われ、仕返しされると思っていたのか?

私は、弱っている人には優しいと思うんだけどな~

家族崩壊つきで、
私に降ってわいたような、しずさんの介護、
「次女に見てもらうとは思わんかった」と、
言われながら、

「私だって…同じだよ!」、なんて、
言い返す気持ちにはなれない…

しずさんの本音、一番知りたいのは私かな~



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 介護

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2017/02/13 Mon. 21:39 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

介護って、いいこともある! 


小さい頃から三姉妹の中で、
自己主張できず、どんくさい私だけ、
母(しずさん)から好かれていなかった。

人が訪ねてきても隠れて出ていかない、
挨拶もしない。

家庭訪問で先生に、図書室にこもって、
話しもしないと言われる。

はっきりしない、つまらない子供は、
イライラしたのかもしれない。

その代り優しくて物静かな父の愛情を独り占め、

でも十数年前、父が亡くなり
その後は私だけ、母と姉妹から阻害されてきた。
感情の起伏が激しい母がいやで、
居場所がないと感じることも…

昨年、認知症の診断がでて、
母に愛情をもらっていたはずの
二人の姉妹は潮が引くように母から去っていった。

結局、私が介護することに、
勝手だな!と思ったが、一人で何もできなくなった
母をほってはおけない。

地元にこだわる母を、実家から5分もかからない
グループホームに入居させ、週1~2回、面会

そのたびに実家に連れて帰り、
二人で母の好きな野菜作りをリハビリがてらやっている。

今まで呼び捨てでしか呼ばれていなかったのに、
今は『ちゃん』付けでよばれ、くすぐったいような気持ち。

前は介助で手をつなぐことも拒否されていたが、
最近、自然につなぐようになって、ハグも平気になった。

母も少しずつ穏やかになってきて、
私に笑顔をみせる。

父からたくさんの愛情をもらい、
この年で母にも愛情をもらって…贅沢過ぎる。
介護って、いいこともあるんだな~て思います


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 介護

2016/12/06 Tue. 17:39 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

思いを断ち切る…断捨離しましょう! 


13年くらい前の話、
老後の楽しみに、
ほしがっていたトラクターを、
しずさんの退職金で父にプレゼント
でも、
父は新車のトラクターを置いて
天国に行ってしまった

昨年、
しずさんの認知症が発覚したとき
三女夫婦が、しずさんの意思を無視して
形見であるトラクターを
強引に持って行ってしまった

あのときの出来事は、しずさんの心に
恨みとして残り、警察沙汰になるところを
ま~ま~、ちょっと待ちなさい!必死で止めた

「私がなんとかするから」と言ったものの
どうするかな~?
しずさんは「お前に何ができる」
「ころされるから何もするな」
「警察にたのめ」と、私に怖~いことをおっしゃる

ころされるなんて、まさか
きっと認知症の症状だ!
妄想だ!
家族に、何かあったらよろしくとまで言い
恐怖心をおさえて、三女さんを責めていった
本当に、こわかった

今年の2月13日、しずさん宅に行ってみると
形見が返されていた!私も生きている、
しずさんは「お前も強かったね~」と驚いて、喜んで
これで警察に言わなくてすむ、身内に犯罪人はいらない
ほっとした

形見が返った日から8か月、
あのときの恐ろしいほどの執着も恨みも
すっかり忘れちゃたようで
トラクターを売る話しをしている
振り回されたのは私だけか?

断捨離を調べたら、思いを断ち切ることも
意味に含まれていた
だったら、もういいかな

さっきメーカーさんに電話して、段取りをきめた
足下を見られないように、しっかり考えて
売るかどうかは、交渉次第できめる


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

認知症ブログランキング


介護ブログランキング


カテゴリ: 介護

テーマ: 介護  ジャンル: 福祉・ボランティア

2016/10/28 Fri. 12:06 [edit]   tb: 0   cm: 0  

page top△

プロフィール

介護ブログ

介護・福祉ランキング

スポンサードリンク